パウダーファンデーションの選び方・使い方

もっとも一般的なファンデーションのタイプといえばパウダーファンデーション。リキッドタイプなど他の選択肢も増えていますが、一方ではミネラルファンデーションやフェイスパウダーなどパウダータイプそのものも多様化しており、賢く活用していくことでこれまで以上にメイクに役立てられる環境になっています。

パウダータイプは厚塗りや色浮きに特に注意

資生堂ベースクッションファンデーション

それだけに選び方・使い方を踏まえたうえでこのタイプのメリットを引き出していく工夫が求められています。

 

選び方のポイントは自然に仕上げられるタイプを選ぶこと。とくに多いのが厚塗りと色浮きです。年齢を重ねている人ほどシワやシミを隠そうと一生懸命厚塗りをしてしまい、結果的に不自然な仕上がりになってしまいがち。

 

パウダータイプは手軽に塗付でき、しかも塗り足しやすい面があるのでとくにこの問題を抱えがちなのが難しい部分です。

 

この問題を避けるためにはまずパウダーの粒子が細かく、厚塗りをしなくても肌にしっかりフィットするタイプを選んでいくことがまず第一です。微

 

粒子のパウダーを使っているタイプは毛穴やシワなどの凹凸にしっかりフィットするのでカバー力にも優れており、厚塗りをしなくてもきれいに仕上げることができます。

 

それからカラーの問題。よくあるのがメイクをし終わった後に顔と首との間に色の境界線ができてしまっていることに気づくこと。どうしても明るい色を選びがちな上に厚塗りをしてしまうとこうした問題が出てきます。

カバーしたい部分に塗布してから全体のバランスを見る

資生堂ベースパウダーファンデーション

できればフェイスラインに使ってみて首の色と合うかどうか、境界線ができないかどうかをチェックした上で選びたいところ。チェックする際には色が目立つ明るいところで行うのもポイントです。

 

使い方のポイントは肌に刺激を与えないことです。パフやブラシで肌を強く擦りながら塗付してしまったり、毛穴にフィットさせようと何度も叩いてしまうような使い方は肌に過剰な負担をかけてしまうので要注意。

 

軽く滑らせるように塗布しつつ、しっかり馴染ませたいところでは叩くのでは押さえこむ形で使ってみましょう。それからカバーしたい、目立たなくしたい部分から塗付していくこと。

 

最初に全体を塗付した後に気になる部分に追加していくとどうしても厚塗りになってしまいがち、カバーしたい部分にまず塗付して全体の塗り加減を確認したうえで全体をバランスよく塗付していくと自然な感じに仕上げていくことができるでしょう。

 

あとは化粧下地を賢く活用し、パウダーの密着性とカバー力を高めておけばこのタイプのメリットを最大限に引き出すことができるはずです。
資生堂のおすすめベースメイクと日焼け止め>>

リキッドファンデーションの選び方・使い方

リキッドファンデーションは液状タイプのファンデーション、なんと言ってもカバー力の高さで人気を得ているタイプです。シミやシワ、くすみといったトラブルを抱えやすい年齢肌にとってはとても心強い選択肢なのですが、一方で密着性が高いこともあって落ちにくく、クレンジングの際に肌にダメージをもたらしてしまう恐れがあるので選び方にも工夫が求められます。

塗布しやすく肌にダメージを与えにくいものを

資生堂ベースリキッドファンデーション

ですから選び方としてはまず毎日の生活の中で無理なく使っていけるかどうかを重視しましょう。

 

いくらカバー力に優れていても毎回クレンジングで肌にダメージを蓄積させてしまうような製品は適していません。

 

シワやくすみの悩みを抱えやすい乾燥肌ほど肌へのダメージを蓄積させやすいので要注意、効果よりもまず無理なく使い続けられること。この基本を忘れないようにしましょう。

 

それから使い方ともかかわってきますが塗付しやすいかどうか。液状なので使っている途中に液垂れしてしまうなど使い勝手が悪い点があり、上手に使用しないとムラができてしまう恐れがあります

 

さっぱりした使い心地になるので物足りないと感じる人も出てくるでしょう。使いやすく、心地よく使っていくことができるかどうかも見ておきましょう。

 

そのうえで満足できるカバー力を備えているか、抱えているトラブルを目立たなくさせることができるかどうかをチェックしていきます。

 

使い方ではやはりムラなく塗布し、肌によく馴染ませることができるかどうかが最大のテーマです。そのためにもいきなり肌に塗り始めずにまず手の甲にとって温めてから使いましょう

目元や鼻筋などは軽く押し付けるように馴染ませる

資生堂ベースリキッドファンデーション

人間の肌の温度にまで温めて使用するとリキッドファンデーションが馴染みやすくなり、密着させやすくなります。

 

それから塗布しやすく、メイクが崩れやすい部分は丁寧に叩き込む感覚で塗付していくこと。鼻筋や目元などは指で軽く押し付ける感覚でなじませていきましょう。

 

ひと通り顔全体に塗付した後に残った部分を使って重ねづけすると効果的です。

 

あとは使い方の基本中の基本ですが、額、両頬、顎、小鼻の5点に乗せたうえで顔の内側から外側に向かって薄く伸ばすよう心がけながら使っていきましょう。

 

リキッドファンデーションの場合はムラなく塗付していくためにもこの点が非常にとても重要なポイントとなってきます。

 

まずは肌に負担をかけずに使っていける製品を選ぶこと、そのうえで基本的な使い方を踏まえ、優れたカバー力とさっぱりした使い心地というメリットを最大限に活かしていくこと。この2点を踏まえておきましょう。

クリーム・エマルジョンファンデーションの選び方・使い方

クリーム・エマルジョンファンデーションはクリーム状をしていて厚めのテクスチャをしているのが特徴です。そのため好みが分かれる傾向があるほか、肌質との相性、または適切な使い方などを踏まえたうえで使いこなしていく工夫も求められます。

リキッドよりカバー力とツヤのある仕上がりに優れている

資生堂ベースクリームファンデーション

クリームファンデーションとは文字通りクリーム状をしており油分が多めなファンデーションです。

 

そのため非常に優れたカバー力を備えているためシミやシワなどの肌トラブルを何とか隠したいと思っている方に適しています

 

カバー力といえばリキッドファンデーションも選択肢としてよく挙げられますが、クリームタイプは液状のリキッドよりもテクスチャが硬めでしっかり塗付していくことができること、そして全体的にツヤのある肌に仕上げることができる点が特徴です。

 

こうした特徴を踏まえたうえで選んでいくことになるわけですが、選び方ではクリームならではの使い勝手が大きなポイントとなります。

 

どうしてもベタつきやすい、または厚塗りになって不自然に仕上がってしまう面があるため、不快感を感じずに使うことができるかが問われます。

 

乾燥肌・敏感肌の方があまりクリームがしっかり密着する製品を選ぶとクレンジングの際に肌の負担をかけてしまいかねません。

 

また脂性肌の方があまりこってりしたタイプを選ぶと化粧崩れや毛穴の詰まり、テカりといった問題も出てきます。少し選び方に難しい面を抱えているファンデーションといえるでしょう。

リキッドとパウダーの両方のメリットを備えているエマルジョンタイプ

資生堂ベースクリームファンデーション

一方エマルジョンファンデーションはそうした問題点を克服したタイプとして注目されています。

 

クリーム状をしていながら肌に乗せやすく伸びがよい、しかも肌に塗付して時間が経過するとパウダー状に変化するのでさっぱりとした使い心地になります。

 

つまりクリームやリキッドタイプのカバー力とパウダータイプの使い心地のよさを兼ね備えた理想的な内容を備えているわけです。さっぱりした使い心地のファンデーションがいい、でもパウダータイプはカバー力が心もとない…そんな方にピッタリでしょう。

 

それだけにテクスチャはもちろん、最終的に塗付したときの仕上がりや肌の感触、さらに保湿力やUVカット効果などさまざまな面も踏まえたうえで自分にあった製品を選んでいくことが大事です。

 

使い方のポイントはなんと言っても厚塗りは避けること。これまでリキッドファンデーション・パウダーファンデーションを使ってきた方は「こんなに少なくて大丈夫なの?」と不安になるくらいの少量・薄付けを意識して使ってみましょう。

 

またパフを使って塗付すると厚塗りになりやすいのでブラシで薄く伸ばしていくのがおすすめです。

 

クッションファンデーションの選び方・使い方

クッションファンデーションは韓国発のコスメとして近年注目されているファンデーションの一種です。専用のクッションスポンジが付属しており、そのクッションを使いながら塗付していくのが大きな特徴です。

誰でも適量を手軽に使いやすいのがメリット

資生堂ベースクッションファンデーション

特別なクッションスポンジを使用することで肌に負担をかけずに塗付しやすく、しかもムラなく使っていくことができます。

 

ファンデーションは指で塗付するか、スポンジやパフを使用するかなど使い方で効果が大きく変わってしまうほか、厚塗りなどの問題がどうしてもでてきます。

 

しかしこのクッションファンデーションならどんな人でも適量で適切な使い方で効果を引き出しやすいのです。しかも簡単・手軽に仕えるので朝のあわただしいメイクの際にもとても便利です。

 

こうした使い勝手の良さで人気を集めているクッションファンデーションですから、まず使いやすいかどうかが選び方のポイントです。クッションスポンジが自分に合っているのか、塗付したときの感触が自分にあっているか

 

ベタつきなど実際に使ってみたうえで判断するのがもっとも理想的です。この部分がクリアできていないとファンデーションとしてのメリットに優れていてもクッションファンデーションを選ぶ意味がなくなってしまいます。

 

もちろん、ファンデーションとしての効果も選ぶ際の重要なポイントです。その際にはこのタイプのファンデーションは効果の面でどのような特徴を備えているのかを見ておきましょう。

化粧下地を使わずスキンケア後すぐに塗布する

資生堂ベースクッションファンデーション

まず保湿力に優れている点。もともとリキッドタイプにも近い水分量が多めに配合されているのが特徴なのでツヤ肌を重視している方に向いているでしょう。

 

それからカバー力に優れている点。シミやシワ、くすみといったトラブルをしっかりカバーしてくれるため、年齢肌や悩みを抱えている方に適しています。しかも時短ケアができるので外出先で化粧直しをしたい、という方にもオススメです。

 

ただ、保湿力とカバー力に優れている一方で厚塗りをしてしまうとクレンジングの負担が大きくなってしまうので乾燥肌・姿勢肌の方は使用量の加減に気をつけましょう

 

使い方のポイントは原則として化粧下地を使用しない点です。化粧下地の役割も兼ねているような部分もあるのでスキンケアの後にすぐに使用してベースメイクを仕上げていくことができます。

 

専用のクッションスポンジを使うので製品に書かれている説明書の通り使えばとくに難しい点もない。なかなか思うようにきれいなメイクができないという方にと非常に適した選択肢といえそうです。

 

ムラなく塗っていくため全体をひと通り塗った後に鼻筋や目元など細かな部分を仕上げていくといったファンデーションの基本的な使い方だけはしっかりと踏まえながら活用していきましょう。
資生堂のおすすめベースメイクと日焼け止め>>

おすすめ資生堂のベースメイク

マキアージュ ドラマティックライティングベース

マキアージュ ドラマティックライティングベース

化粧ノリが変わる!みずみずしい艶肌を13時間守るマキアージュの新化粧下地
2,808円・税込
更に詳しく見てみる!>>

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース EX

資生堂ベースメイク口コミ効果ドラマティックスキンベース

13時間くずれない資生堂売上No.1の下地がさらに進化して今だけ1,080円!
1,080円・税込
更に詳しく見てみる!>>

マキアージュ ドラマティックパウダリー UV

マキアージュ ドラマティックパウダリー UV

ムース生まれのパウダーファンデ!360°美肌パウダーでどの角度からも美肌!
3,240円・税込
更に詳しく見てみる!>>

資生堂 プリオール 美つやBBジェルクリーム

資生堂 プリオールbbジェルクリーム

塗りました感無しでしわ・シミをしっかりカバー!滑らかで自然なツヤを生むBB
3,240円・税込(美リフトパウダー付)
更に詳しく見てみる!>>