50代ではどんなベースメイクを選べばいい?

50代のベースメイクでは求められるものがたくさんあります。シミやくすみ、シワといったトラブルをできるだけ目立たなくさせる必要がありますし、全体を明るく若々しく見せたいというのもあるでしょう。さらに厚塗りを避けてクレンジングの負担が肌にダメージを蓄積させない範囲内で行っていくというさじ加減も必要です。

化粧下地で上手に肌トラブルをカバー

資生堂ベースナ50代メイク

これらのどれかひとつを突出させるのではなく、うまくバランスをとりながら自分に合った製品を選び、方法で行っていきましょう。

 

年齢を重ねるにつれてベースメイクにおける化粧下地の役割の重要性が増すとよくいわれます。カバーしなければならない部分が増えていくにつれてファンデーションを厚塗りしてしまいがちになり、クレンジングの負担が大きくなります。

 

ファンデーションのノリをよくして落としやすくする役割を持つ化粧下地はそんな年齢肌のベースメイクの問題点を解消できるポテンシャルをもっているからです。

 

50代の化粧下地の選び方ではまずファンデーションの密着性を高めて崩れにくい効果を備えているかを見ておきましょう。

 

近年発売されている製品にはこの点を重視している製品が増えており、長時間メイクの効果を維持することができるようになっています。カバーしたい部分が多い人ほどこの点をよくチェックしておきましょう。

 

それから化粧下地そのもののカバー力。ファンデーションの効果を高めつつ、下地でもカバーすることで厚塗りを避けてより自然にトラブルを目立たなくさせることができます。

 

ポイントは粒子が細かいパウダーが使用されているかどうか。毛穴や凹凸にしっかりフィットする製品を選んでみましょう。

乾燥・敏感肌の人はカバー力より低刺激を重視

資生堂ベースナ50代メイク

もうひとつ、カラーも大事な点です。コントロールカラーの働きを備えた下地も増えているのでイエローやオレンジ、ベージュなど自然にトーンを明るくできるカラーを選ぶと若々しい印象を引き出すことができます。

 

一方ファンデーション選びではやはりカバー力と肌への負担とのバランスが最大のポイントとなるでしょう。

 

乾燥肌・敏感肌の方はカバー力よりも低刺激を重視してパウダーファンデーション、ミネラルファンデーションを、とくに刺激が気にならず、とにかくトラブルを目立たなくさせたい場合にはリキッドファンデーションがおすすめです。

 

脂性肌の方は余分な皮脂を吸着させるパウダーが使用された製品もおすすめです。

 

乾燥肌の方は保湿力に優れたクリームファンデーションを薄付けを意識して使っていくのもよいですし、近年ではリキッドファンデーションとパウダーファンデーションのよいところを備えたエマルジョンファンデーションが50代をはじめ年齢肌向けのファンデーションとして注目されているので製品をチェックしてみるとよいのではないでしょうか。
資生堂のおすすめベースメイクと日焼け止め>>

おすすめ資生堂のベースメイク

マキアージュ ドラマティックライティングベース

マキアージュ ドラマティックライティングベース

化粧ノリが変わる!みずみずしい艶肌を13時間守るマキアージュの新化粧下地
2,808円・税込
更に詳しく見てみる!>>

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース EX

資生堂ベースメイク口コミ効果ドラマティックスキンベース

13時間くずれない資生堂売上No.1の下地がさらに進化して今だけ1,080円!
1,080円・税込
更に詳しく見てみる!>>

マキアージュ ドラマティックパウダリー UV

マキアージュ ドラマティックパウダリー UV

ムース生まれのパウダーファンデ!360°美肌パウダーでどの角度からも美肌!
3,240円・税込
更に詳しく見てみる!>>

資生堂 プリオール 美つやBBジェルクリーム

資生堂 プリオールbbジェルクリーム

塗りました感無しでしわ・シミをしっかりカバー!滑らかで自然なツヤを生むBB
3,240円・税込(美リフトパウダー付)
更に詳しく見てみる!>>